格安SIM料金をさらに節約するのにおすすめのアプリを紹介

格安SIM料金をさらに節約するのにおすすめのアプリを紹介

40view

2018.06.18

通話料金を節約しよう!「通話アプリ」

格安SIMは通話料金が高い

大手キャリア携帯会社ではなく、格安SIMを使う人はなるべく1ヶ月あたりのスマホ代金を抑えたいという思う人が多いでしょう。
以前に比べて若い人を中心に電話をする人は劇的に減ってはいますが、それでも世代によってはLINEなどのやり取りよりも電話でのコミュニケーションを重視する人もいるでしょう。まだまだ電話は重要なコミュニケーションツールです。

格安SIMの欠点の1つとして、通話料金が大手キャリア携帯会社よりも高い点があげられます。もし頻繁に通話をするなら、安く通話できるアプリのインストールは必須です。目安として1日2分以上、1ヶ月合計で1時間以上通話する人は、アプリで何らかの対策を取らないと通話料が高くなり大手キャリアの利用料金を上回ってしまうでしょう。

楽天でんわ

楽天でんわであれば、大手キャリア3社や格安SIMの標準通話料金よりも安く電話することができます。相手に電話番号も通知されますし、相手からの電話も受けることができます。アプリインストールは無料で、月額の固定費用は一切かかりません。
通話した時間分だけ料金がかかります。通話品質は大手キャリアの普通の通話と差はありません。

LINEなどのメッセージアプリの音声通話の品質に比べれば、はるかにクリアで聞き取りやすい音声品質です。周囲が騒々しい場所でも支障なく通話できるでしょう。なお、データ通信専用の格安SIMでは使えません。1ヶ月に1時間程度は通話をするのであれば、格安SIMの標準通話料金では損をしてしまいます。無料でインストールできる楽天でんわで、大幅に通話料を節約しましょう!

LINEの音声通話

電話番号を知らない相手とでも音声通話ができるLINEであれば、通話料は無料です。通信料はかかってしまいますが、もしWi-Fi経由であればいくら長時間話しても通信料通話料ともに0円となります。データ専用SIMでも通話できるので便利ですね。
しかし普通の電話や楽天でんわと比べると、通話の品質はお世辞にもいいとはいえません。

周囲が騒々しかったり、通信速度が低下していると、相手が何を話しているのか聞き取りづらくなってしまいます。また、双方がLINEのユーザーでなければ通話はできません。LINEの音声通話機能はあくまで簡易的なものです。本格的に通話をするのであれば、楽天でんわのような専用のアプリを使うべきでしょう。

通信量を管理して節約しよう!「通信量監視アプリ」

通信料を抑えるのが節約の要

格安SIMの料金を抑える要となるのが「通信料の節約」でしょう。いかに通信料を抑えるかが毎月の料金に直結します。
格安SIMはキャリア系の携帯電話会社よりも通信料が安くなります。それでも、毎月何GBも使っていればそれなりの通信料となってしまいます。

そこで「通信量監視アプリ」が役に立ちます。通信量監視アプリは、自分がどのくらい通信量使ってるかどうかをリアルタイムで教えてくれるおすすめアプリです。自分が1日でどのぐらいの通信量を使ってるかどうかを把握しましょう。

3G Watchdog

通信料をモニタリングするアプリの中で、最も有名なのが「3G Watchdog」です。非常に閲覧性の良いアプリで、1日ごと・1週間ごとのデータ通信量が一目瞭然です。もちろん無料で使うことができますので入れておいて損はないでしょう。

MyDataManager

「MyDataManager」も3G Watchdogと同様に定評のある通信量監視アプリです。AndroidだけでなくiPhoneにも対応しています。3G Watchdogに比べると、若干ながらデータの閲覧性に劣るという評価が多めです。

Datally

「Datally」はGoogleが作った通信量監視&通信量節約という2つの機能を持ったアプリです。3G WatchdogやMyDataManagerが通信量を監視するだけのアプリだったのに対して、Datallyは通信量を節約する機能も持っているのが特徴的です。格安SIM経由での通信を監視し、1日、1週間、1ヶ月単位でどのぐらい通信したのかを把握しやすくなっています。

また、Androidを作っているGoogle自身が作ったデータ節約アプリというだけあって、OS内部にまで踏み込んだデータ圧縮を行っています。節約できる通信量の大きさに対して、動作がもっさりしたり、使いづらくなったりすることは全くありません。
Datallyをインストールしておけば通信量監視&通信量節約の一石二鳥です。

その他の通信量節約アプリ

ここまでやれば完璧!その他の節約アプリ

通話アプリで電話料金を節約し、通信量監視アプリで通信量をモニタリングしたら、今度はその他の節約アプリも試してみましょう。バックグラウンドで勝手に通信量を圧縮してくれるアプリや、Wi-Fi環境時にまとめて閲覧することでデータ通信量を削減する「あとで読む系アプリ」などがあります。

通信量を削減する「Opera Max」

「Opera Max」はブラウザで有名なOperaがリリースしている、通信量を削減するアプリです。節約モードをONにすると、アプリがスマホとインターネットの間の通信を分析して、通信量の中で削減できそうなところを勝手に削減してくれます。データ通量量を圧迫しがちな画像や動画を、特殊なアルゴリズムでサイズを圧縮するのがOpera Maxの肝。

サイズは大幅に圧縮しつつも、利用者には画質の劣化を感じにくいように工夫されています。圧縮が最も効果を発揮すると最大で50%もの通信量を節約できます。Opera Maxが優れているのは、利用者はOpera Maxをスマホにインストールするだけで後は勝手にバックグラウンドで仕事をしてくれる点。

ややこしい設定や、定期的に利用者がメンテナンスする必要はありません。黙々とバックグラウンドで画像や動画を圧縮し続けてくれます。もちろん無料で使えます。入れておいて損は無いどころか、入れていない人が損するほど高性能な通信量節約アプリです。

家に帰ってWi-Fiで続きを!「あとで読む系アプリ」

外出中に気になるニュースを見つけても、その場で読むと写真やテキストなどのデータが通信量を圧迫してしまいます。そこで読みたいものがあっても家に帰ってWi-Fiに接続したときに読むことで、格安SIMの通信量を抑えることができます。「後で読む」系のアプリであればワンタッチで気になるニュースをクリップしておいて、家に帰った時にじっくり読むことができます。

代表的なアプリはPocketでしょう。ワンタッチで記事をクリップすることができ、しかも読みやすいように広告を除いたシンプルな画面表示へと変換してくれます。通信量節約だけではなく、記事の閲覧性を高めてくれる万能アプリです。

【まとめ】アプリを駆使して格安SIMの料金をもっと節約!

以上、通話量や通信量を節約するためにおすすめの便利なアプリをいくつか紹介してきました。もしまだインストールしていないアプリがあれば、すぐにでも使ってみてください。全て無料で使うことができるアプリです。格安SIMは月額料金が大手キャリアの携帯電話と比べれば安いために、何気なく使っていても料金は下げられるでしょう。

しかし通話料金だけは大手キャリアと比べても随分と高いです。楽天でんわのように、通話料金を節約できるアプリを入れるのは、電話が好きな格安SIMの使い手にとっては必須です。格安SIMはただでさえ安い通信料ですが、通信量監視アプリなどを入れることで、無駄な通信を抑えるモチベーションにつながるでしょう。

工夫しだいで格安SIMの料金はさらに抑えることができます。この記事で紹介した楽天でんわ、LINE、3G Watchdog、MyDataManager、Datally、Opera Maxなどのアプリをインストールして、さらなる節約に努めましょう!

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る