格安SIMって何?お得?【格安SIMの基礎知識】

毎月のスマホ代を抑えたい方はドコモやau、ソフトバンクといった携帯キャリアから今すぐ格安SIMに乗り換えましょう!

大手キャリアと格安SIMの月額料金を比較すると、ほとんどの人が半額~3分の1程度まで安くなります。

下の図はドコモの【5分かけ放題プラン+メールオプション+データMパック(5GB)】と格安SIMのDMMモバイルで【通話対応SIMタイプ5GBプラン基本使用料+10分かけ放題】とほぼ同じ条件で価格を比較したものです。

ドコモは月額7,000円に対して、格安SIMだと2,760円とドコモの61%OFFになります。

格安SIMに乗り換えるだけで年間で5万円以上の節約が可能です。

現在はLINEの通話機能を使って電話する方も多いのであまり電話を使わないという方も増えています。
あまり通話をしない方なら通話は格安SIMではかけた分だけ通話料を支払う従量制のプランを選ぶこともでき、その場合ですと3GBのプランを選択すれば【1,600円+通話代】になりますので、2,000円以内に抑えることも可能です。

格安SIMとは?

最近よく耳にするようになった格安SIM(MVNO)といった言葉。
格安SIMを提供する会社は、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアが整備したインフラをレンタルして、自分たちで料金やサービスを設定して消費者に提供しています。

各格安SIM会社のサービスの内容は、スマホ代が高いと感じている消費者の声を受けて、通話とデータ通信に絞ったシンプルなものを低価格で提供するのが主流となっています。

現在格安SIMを運営する会社は多数あり、ドコモの電波を使う【ドコモ系格安SIM】、auの電波を使う【au系格安SIM】、ソフトバンクの電波を使う【ソフトバンク系格安SIM】と3つに分けられます。

例えば現在ドコモのスマホを使っている方であれば、ドコモ系格安SIMを選べば今お持ちのスマホをそのまま格安SIMで使うことができるので、新しくスマホを買う必要はありません。

格安SIMに乗り換えるメリット

料金が安い

格安SIMに乗り換える最大のメリットは月額料金がグッと抑えられることです。
先ほども書きましたが、基本料金やデータ通信プランが大手キャリアに比べてかなり格安です。
あまり電話をかけない人なら1,600円前後、多少通話をする人でも2,000円前後に抑えることができます。

2年縛りがない

大手キャリアは毎月通信料を割り引く代わりに、2年ごとの自動更新の設定になっていて、更新月以外の解約だと約1万円の解約違約金がかかります。
そのため他社キャリアへの乗り換えや機種変更のタイミングを考慮しないと余計なお金がかかってしまいます。
格安SIMの場合、通話対応SIMなら最低利用期間は1年と大手キャリアの半分の期間に設定されていることがほとんどです。
しかも1年経過後はいつ解約しても契約解除料はかからないという消費者にとって良心的です。

スマホの長期利用ができる

大手キャリアはスマホを購入することで2年間通信料から割引されるサービスがほとんどえ、端末のセット購入が前提となっています。
格安SIMでは乗り換えた後にさらに別会社へ乗り換える場合も同じ端末を使い続けることができます。
そのためデータ移行の手間がなく端末代も節約できます。

また格安SIMではSIMフリーのスマホも同時購入することができます。
大手キャリアのように1台10万円するような高い端末ではなく、安いものでは1万円台で購入できるスマホもあるので、通話とメール、ちょっとインターネットで調べ物をするという方なら格安SIMで販売されている格安スマホでも十分です。

こんな人は絶対格安SIMにするべき!

1 これから初めてスマホを持つ人

現在ガラケーを持っていてスマホに変えようかと思っているけど、スマホに変えると月々のスマホ代が7,000円で高いと感じている方!格安SIMならガラケー並みかそれ以下の金額でスマホが持てます。

2 2年以上機種変更していない人

2年間の月額割引が終了している人や月額料金の見直しをしたことがない人は、割引期間が終了しているので格安SIMへの変え時です。

3 自分からあまり電話をかけない人

電話はかけるよりも受ける方が多い人や毎月の合計通話時間が10分以内という人は格安SIMだと1,500円前後で利用できます。

4 主な連絡手段がアプリやSNSの人

格安SIMにはLINEやSNSのデータ通信料はカウントしないプランもあるので容量制限を気にせずにガンガンLINE・SNSが利用できます。

5 たくさんデータ通信する人

動画を見るのが好きな人や毎月の定額データが足りずに使い容量を買っている人はには格安SIMの大容量プランやデータ無制限プランがおすすめです。大手キャリアにも大容量プランはありますが、格安SIMの大容量プランの方が断然安いです。

6 現在契約中のキャリアがドコモの人

ドコモの電波を使っている格安SIM会社が圧倒的に多く、現在ドコモでスマホを使っている人ならドコモのスマホがそのまま格安SIMで使えます。一番楽に乗り換えられて選べる格安SIM会社も豊富です。
(auやソフトバンク系の格安SIMもありますので、auやソフトバンクユーザーもスマホの機種によってはそのまま今のスマホを使って格安SIMに乗り換えすることもできますよ)

こんな人は格安SIMはおすすめしない【格安SIMのデメリット】

格安SIMは安いですが、格安SIMへの乗り換えをおすすめしない場合もあります。

1 キャリアメールが絶対必要な人

ドコモやau、ソフトバンクではメールアドレスが提供されますが、格安SIMに乗り換えるとキャリアのメールアドレスは使えなくなります。
今使っている携帯のメールアドレスが必要という人は格安SIMに乗り換える際にはご注意ください。

どうしてもキャリアメールアドレスが必要だけど料金は押さえてスマホを持ちたいというなら、キャリアではガラケーに機種変更してスマホは格安SIM会社で調達して、ガラケーとスマホの2台持ちをするという方法もあります。
ガラケーで月2,000円、格安スマホで月1,500円で合計3,500円ほどで2台持ちすることができます。
キャリアでスマホ1台を維持するよりもガラケー+格安スマホの2台持ちの方がコストが抑えられます。

2 自分でスマホの設定ができない人

格安SIMはほとんどがインターネットで申し込みをして、その後送られてくるSIMカードを自分でスマホに挿入し、通信できるように設定する必要があります。
スマホの設定の方法はSIMカードに同封されているパンフレットに詳しく書かれていますが、自分で設定ができない人は格安SIMはおすすめしません。

ただ最近は店舗のある格安SIM会社も出てきているので、どうしても格安SIMに乗り換えたいという方なら店舗のある格安SIM会社を選択するというのも1つの方法です。

格安SIMデビューの大まかな流れ

格安SIMに興味がわいてきたら気になるのが乗り換えまでの流れです。
インターネットでの申し込みの場合の所要時間は早くて数日で遅くても1週間ではSIMカードがご自宅に届きます。

かかる時間のほとんどは申し込んだ格安SIMが届くのを待つ時間で、実際に格安SIMの会社やプランさえ決めれば、申し込みや設定にかかる時間は数分~数十分程度です。

まず格安SIMに乗り換えるためにはご自身の現在の通信・通話の利用状況を把握することが大切で、格安SIM会社のプランを選ぶのに必要不可欠です。

1 キャリアで現状確認

ドコモ・au・ソフトバンクなど現在お使いの携帯キャリアのマイページで自分の利用状況を確認して、毎月の通信料や通話料を確認しましょう。
また2年ごとの自動更新の場合、自分の更新月がいつか、違約金のかからない期間を確認しましょう。
現在お使いの携帯電話番号を格安SIMで使う場合には、お使いのキャリアでMNP番号を発行する必要がありますので、マイページまたはコールセンターに電話してMNP番号を発行しましょう。

2 格安SIM会社を選ぶ

現在の自分の利用状況を参考に、自分にあったプランがある格安SIM会社を選びます。
もしキャリアで使っていたスマホをそのまま使う場合には、ドコモならドコモ系の格安SIM会社の中から選ぶようにしましょう。
新たに格安SIM会社でスマホもセット購入される予定の方なら現在お使いのキャリアとは関係ありませんので、全ての格安SIM会社から選択することが可能です。

3 格安SIMサービスへ申込む

利用する格安SIM会社を選んだら、格安SIMの公式サイトから必要事項を入力して申し込みます。
通話機能ありのプランの場合には本人確認の書類のアップロードが必要となります。
また格安SIMの支払いはほとんどがクレジットカードです。一部口座振替に対応している格安SIM会社もありますが、選択できるプランが限られてしまいます。
できましたら格安SIMの申し込み前に支払い用のクレジットカードも準備しておきましょう。

4 SIMカードの挿入や初期設定(セットアップ)

申込みから1週間前後でSIMカードがご自宅に届きますので、手元に届いたらスマホにSIMカードをセットして初期設定をします。
お持ちのスマホをそのまま使う場合はスマホを初期化(出荷状態)しなくてもいいですが、格安SIMで通信をするために初期設定が必要となります。

以上が格安SIMに乗り換えるための流れです。
格安SIMに乗り換えるのって大変というイメージがありますが、実際には申込と設定が必要なだけで、自宅にいながら乗り換えることができるので、キャリアの機種変更よりもラクチンなんですよ。

自分の利用状況を把握して、自分にあったプランのある格安SIMを選ぶことが大切です。  

おすすめ格安simを探す

新着おすすめコラム