LINEモバイル

LINEモバイルの評判は?メリット・デメリット徹底解説

乗り換え簡単な月額500円からの格安SIM「LINEモバイル」

  • データSIM
    500円〜
  • 音声SIM
    1,200円~
  • 使用回線
    docomo,softbank
  • おすすめ度

LINEモバイルは、月額500円から使える格安SIMサービスを提供しています。

契約後に届いたSIMカードを端末に挿入するだけで手軽に乗り換えられるのが特徴です。

LINEや主なSNSの通信量は無料です。使っている端末をそのまま使う場合はアプリやデータの移行をする必要はなく、電話番号もそのまま利用できます。

LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルの評判は?

LINEモバイルは、トークアプリ「LINE」でおなじみのLINEモバイルが運営する格安SIM会社です。

LINEモバイルの評判を知るには、実際にLINEモバイルを利用している人の口コミを調べることが一番です。
そこでSNS等でLINEモバイルユーザーのリアルな評判・口コミをチェックしてみました。

 

LINEモバイルの最大の特長は、「LINE」やSNSサービスのデータ量をゼロとして扱ってくれる「カウントフリー機能」です。

最安プランの「LINEフリープラン」では、月額500円でLINE通話とトークが使い放題になります。

このカウントフリー対象のアプリがLINEだけでなく、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムまで増えたのが「コミュニケーションフリープラン」です。

SNSヘビーユーザーには、このカウントフリー機能が大きな威力を発揮します。

また通常データ専用SIMでは、SMSオプションをつけなければLINEの登録はできませんが、LINEモバイルならデータ専用SIMでもLINEへの登録が可能です。

しかも通常キャリアでしか対応していない年齢認証を突破することができ、LINEでID検索ができるようになります。

お友達をLINEに追加するときID検索ができないと、QRコードで登録したりメールでコードを送信して登録することになり、これが意外と不便です。

しかしID検索なら簡単に友達登録できるので非常に便利です。

LINEモバイルスタート当初はドコモの回線しかありませんでしたが、2018年現在はドコモ回線とソフトバンク回線に対応しています。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルは3種類のシンプルな料金プランです。

LINEフリープラン

LINEフリープランは、LINEアプリがカウントフリーになるプランです。

  データSIM データSIM+SMS 音声通話SIM
1GB 500円 620円 1,200円

 

LINEフリープランは、1GBプランだけとなっています。
LINEを始めたい方やLINEを中心に使って、たまにインターネットで調べ物をする方には最適なプランです。

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープランは、LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムがカウントフリーになるプランです。

  データSIM+SMS 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

 

コミュニケーションフリープランはSNSに登録するのに必要なSMS認証があるため、データSIMのプランはありません。

音声通話の3GBプランが1,690円と他社の3GBプランより90円高い設定となっていますが、SNSの利用が多くて毎月ギガを追加で買っているような方であれば90円でSNSが使い放題になると考えればコスパは非常にいいですね。

MUSIC+プラン

MUSIC+プランは、コミュニケーションフリープランのサービスにLINE MUSICのカウントフリーが付いたプランです。

  データSIM+SMS 音声通話SIM
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

 

LINE MUSICはLINEが運営する定額制オンデマンド型音楽配信サービスです。
LINE MUSICの月額料金は別途発生しますが、LINE MUSIC+プランであればLINE MUSICの音楽をダウンロードしてもカウントフリーです。

LINE MUSICの完全聞き放題サービスは月額889円ですが、LINEモバイルユーザーなら750円で利用できます。

またLINEモバイル回線契約時にLINE MUSICのオプションを同時申し込みすると2ヵ月無料で利用でき、3ヵ月目からの4か月間は月額500円で利用できる特典もあります。

格安SIMで音楽聞き放題サービスも楽しみたいという方ならMUSIC+プランにして、契約時にLINE MUSICを同時申し込みするのがお得です。

ただ、3GBプランでコミュニケーションフリープランとの差額が700円あります。
5GBで500円、7GBで400円、10GBで300円とギガが多くなるにつれて差額は100円ずつ少なくなっていますが、ギガが少ない3GBプランを選択するならMUSIC+プランはあまりおすすめできません。

3GBプランで700円の差額があれば、コミュニケーションフリープランの5GBプランにしてLINE MUSICはカウントフリーではないけど、ギガを多くした分でカバーできるかと思います。

LINEモバイルのおすすめオプション

10分かけ放題オプション

LINE通話SIMのユーザーが利用できる、いつでも電話というアプリからの電話で誰とでも無制限で10分以内の通話が無料になるオプションです。
月額880円で利用できます。
10分を超えた分は30秒につき10円がかかります。

端末保証オプション

LINEモバイルの端末保証オプションは2種類あります。

1つ目は月額450円で、LINEモバイルで端末を購入した場合に加入できる「端末保証」。
2つ目は月額500円で、持込端末保証といって自分で端末を用意された方が加入できる「持込端末保証」。

保証内容は落下や水没などの万が一のトラブルが発生した際に、「端末保証」の場合には交換で対応、「持込端末保証」の場合には交換または修理での対応となります。

端末保証の場合1回目5,000円、2回目8,000円で端末交換できます。
持込端末保証の場合は1回目4,000円、2回目8,000円で修理または端末交換となります。

年に2回まで保証を利用することができます。

端末保証オプションはLINE契約時にのみしか追加できないオプションです。
よくスマホを落とす方や壊れることが多い場合にはLINEモバイル契約時に端末保証に加入することをおすすめします。

LINEモバイルのメリット

LINE使い放題

LINEモバイルの最大のメリットは、LINEでの通話やトークでのデータ通信が毎月のデータ量にカウントされないことです。
一番安いLINEフリープランはデータ通信SIMが1GBで500円ですが、LINEでいくらデータを使っても1GBの容量にはカウントされないので完全使い放題です。

LINEで動画や画像を送ったりすると結構なデータ量になりますがそれもカウントフリーですので気にせず送信できますね。

今やメールよりもLINEで友達や家族とやり取りする方が多いので、LINEが使い放題になるのは非常にお得ですね。
データSIMが500円で利用できるので、初めてお子様にスマホを持たせる場合にもおすすめです。

LINEの年齢認証が突破できる

LINEアプリはお友達を追加するときにお友達のIDで検索して簡単に追加登録することができます。
便利なLINE ID検索ですが、利用するためには年齢認証が必要です。

年齢認証とは、携帯電話会社に登録している契約情報から年齢を提供してもらい、18歳以上であればLINE IDが利用できるようになるというものです。
年齢認証ができる携帯電話会社は大手キャリのみで、格安SIMは対象外です。

しかしLINEモバイルは自社のサービスであるLINEですから、年齢認証することが可能です。
LINEモバイルに申込した際の個人情報から18歳以上であれば、年齢認証を突破してLINE IDの利用ができるようになります。

友達同士でLINEの情報交換をする際に、LINE IDが使えればその場でサクッと友達に追加できます。
もしLINE ID検索が使えない場合にはメールやQRコードによる認証で手間がかかり面倒です。

連絡手段はLINEがメインで格安SIMに乗り換えたいと検討されているなら、LINEモバイルがおすすめです。

LINEポイントがたまる

LINEモバイルユーザーは月額料金の1%分のLINEポイントが毎月たまります。

LINEポイントは、LINEで使えるポイントで、LINEスタンプを購入したり、LINEアプリ内のコンテンツ購入に利用できます。
またLINE PayやAmazonギフトにも交換することができます。

LINE Payに交換すれば、LINEモバイルの通信料金の支払いにも充当することができるのでお得ですね。

格安SIM会社ではクレジットカード払いにしか対応していないところが多いですが、LINEモバイルならLINE Payカでの支払いにも対応しているのでクレジットカードを持っていない方でも格安SIMに乗り換えできます。

ちなみにLINE Payへのチャージはコンビニや銀行口座が対応しています。

LINEモバイルのデメリット

端末の料金が高い

LINEモバイルでは端末の販売も行っています。
ただ、他社格安SIM会社で販売されている価格よりも割高です。

他社ではキャンペーンで価格が割引されて販売している端末でもLINEモバイルでは定価での販売でキャンペーンが行われないことが理由です。

例えば、HUAWEIのP20 LITEというSIMフリースマホはLINEモバイルでは31,980円(税別)で販売されています。

 

IIJ mioでは同じ端末が27,800円で販売されています。(2018年8月現在)

これは一例ですが、他のスマホも他社よりも価格が高いので、LINEモバイルで契約する際にスマホも購入したいと考えている方は少し損です。

SIMフリースマホは公式サイトでも購入できますし、Amazonなどでも販売しているのでLINEモバイルと他社ショップでの価格を比較してから購入することをおすすめします。

チャットはLINEモバイルユーザーのみしか使えない

他社格安SIMでは公式サイトのトップページを開くと、画面の右下にひょいとチャットの画面が表示されて、分からないことがあれば気軽に質問できるようになっています。
契約する前でも気軽にチャットで質問できるのですが、LINEモバイルでは契約前のチャットでの問い合わせができません。
LINEモバイルユーザーになればチャットを利用することができるのですが、契約前では電話やメールでの問い合わせしかできません。

メールだと回答に時間がかかりますし、電話だと通話料もかかりますし、時間も10時~19時と限られているのでタイミングが合わないこともあります。
LINEモバイルでは購入前のチャットが利用できないのが他社と比較した時のデメリットと言えます。

LINEモバイルのメリット・デメリットまとめ

LINEモバイルは1GBのデータSIMが500円で利用できLINEは使い放題なので、初めてスマホデビューしてLINEを使う方にはおすすめです。

また普段から連絡手段がLINEメインでインスタやツイッターなどのSNSサービスを利用している方もコミュニケーションフリープランを利用すればSNSでのデータはノーカウントなのでギガを気にすることなくSNSで投稿や閲覧することができます。

端末の販売価格が高めですが、別で準備すれば問題なしです。
高速通信も安定して速いと評判がいいですし、ドコモ・ソフトバンクの2つに対応しているのでドコモの回線で契約しても後からソフトバンクの回線に契約変更することも可能です。

SNSやLINEをよく使う方で格安SIMに乗り換えを検討している方はLINEモバイルがおすすめです。

 

LINEモバイルの最新キャンペーン

 

LINEモバイルのソフトバンク回線に申し込んでみました。
申し込みから開通手続きまでを徹底解説。

LINEモバイルのソフトバンク回線を契約【申込みから開通手続きまで徹底解説】

LINEモバイルの公式サイトはこちら

クチコミをご紹介

口コミがまだありません

あなたもクチコミを投稿してみませんか?

内容によっては、掲載出来ない場合がございます。ご了承くださいませ。

  • アバターを選択

LINEモバイルの詳細はこちら