楽天モバイル

楽天モバイルの評判は?メリット・デメリット徹底解説

楽天ユーザーとの相性抜群!キャンペーンでスマホが安く買える

  • データSIM
    525円~
  • 音声SIM
    1,250円~
  • 使用回線
    docomo
  • おすすめ度

楽天モバイルはドコモ回線の格安SIM会社です。楽天運営だけあって、楽天グループで付与される楽天ポイントが楽天モバイルでも貯められ、楽天モバイルの毎月の料金の支払いに利用することも可能です。
楽天モバイルでは頻繁にキャンペーンが行われていて割引のお得さも魅力的です。
キャンペーン内容は随時変更されますが、総じて端末購入とセットの契約の割引率が高いです。
楽天モバイルに契約すると、楽天市場でのお買い物は常時2倍になる特典もあり、楽天ユーザーなら楽天モバイルでザクザクポイントがたまります。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

楽天モバイルの評判は?

楽天モバイルの評判を知るには実際に楽天モバイルを利用しているユーザーの口コミをチェックするのが1番です。
そこでTwitterで楽天モバイルについて呟いているのを調べてみました。

 

楽天モバイルの評判をTwitterで調べてみると、大手キャリアから乗り換えて通信費が安くなったと喜んでいる方が多い印象でした。
楽天モバイルではスマホの割引キャンペーンも頻繁に行われているので、スマホと格安SIMをセットで購入して使っていて満足度が高いようです。

楽天モバイルの特徴とは?

楽天モバイルは、楽天市場を運営する楽天グループの1つです。
楽天モバイルはドコモ系のMVNOでドコモのネットワークを利用しているので、ドコモの対応エリアであればどこでも繋がります。

楽天モバイルの最大のメリットはキャンペーンが随時行われており、お得にMVNOに乗り換えられることです。

こちらは楽天モバイルで販売されているスマホの一部ですが、音声通話SIMとスマホのセット購入なら1万~2万円で購入できるスマホもあります。

電話とLINEとたまにネットを閲覧する程度という使い方なら1万円以下のスマホでも十分です。
スマホも一緒に購入したい方・新しいスマホをお得に手に入れたい方には楽天モバイルがお勧めです。

さらに楽天モバイルユーザーになると、楽天市場でのお買い物がいつでもポイント2倍になる嬉しい特典も付いています。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルには2つの料金プランがあります。
1つは従来からある【組み合わせプラン】、もう1つは【スーパーホーダイプラン】です。

組み合わせプランは通話SIM・050データSIM(SMSあり)・データSIMの3つのコースがあり、お好みのデータ通信容量、通話オプションなどを組み合わせてお申し込みできるコースです。

スーパーホーダイプランはデータ通信+10分かけ放題がセットになったプランで4つのコースから選べます。

組み合わせプランの料金プラン

  通話SIM 050データSIM
(SMSあり)
データSIM
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

 

ベーシックプランというのは、常に低速の最大200Kbpsで通信するプランです。

組み合わせプランの通話は従量制で30秒で20円の通話料がかかります。
楽天でんわというアプリを経由すれば30秒10円の通話料になります。(電話番号はそのままです)
また楽天でんわ10分かけ放題のオプションもあり、月額850円で利用できます。

組み合わせプランは、データ通信の容量を選んでオプションを追加するなど自分でいろいろ組み合わせてオリジナルで自分のプランを作ることができます。

スーパーホーダイの料金プラン

  プランS プランM プランL プランLL
データ通信 2GB 6GB 14GB 24GB
通話 10分かけ放題
月額基本料 2,980円 3,980円 5,980円 6,980円
楽天会員が
3年契約した場合
2年間 1,480円 2年間 2,480円 2年間 4,480円 2年間 5,480円
ダイヤモンド会員1年目 980円 1,980円 3,980円 4,980円

スーパーホーダイプランは通話とデータ通信がセットになっています。
登録無料の楽天会員になるだけで月額基本料が割引される特典があります。

楽天モバイルは楽天会員割と長期割の併用で月額料金の大幅割引が受けられます。

3年契約でスーパーホーダイプランに申し込むと、楽天会員は2年間1,500円の割引されます。
3年目の1年間は通常の月額料金に戻りますが、2年間で36,000円もの割引となるので非常にお得です。

さらに楽天会員の一番ランクの高いダイヤモンド会員の方なら、1年目はさらに500円割引で3年契約なら月額料金から2,000円の割引となります。
2年目は1,500円割引、3年目は通常の月額料金となります。

プランSを例に月額料金はこのようになります。

スーパーホーダイプランはUQモバイルのプランに内容が似ています。
しかしUQモバイルのかけ放題は5分であるのに対して、楽天モバイルは10分と2倍です。
またデータ通信の容量も同じ価格帯で比較すると、楽天モバイルの方が多いので楽天モバイルの方がお得です。

組み合わせプランに10分かけ放題プランを追加すると、3.1GBプランなら月額2,450円になります。
スーパーホーダイプランのプランSはデータ通信容量が2GBですが、楽天会員で2年間契約なら月額1,980円で利用できるので、最低2年は利用してかけ放題プランも追加するという方ならスーパーホーダイプランを選択するとお得です。

 

楽天モバイルのおすすめオプションと初期費用

楽天でんわかけ放題 月額850円

楽天でんわアプリから電話することで10分かけ放題になるオプションです。
電話回線なので安定の通話品質で、お使いの電話番号が相手に通知されるので安心です。
10分経過後も30秒10円と通常の半額で利用できます。

つながる端末保証 by 楽天モバイル 月額500円

楽天モバイルのSIMカードを利用し通話・通信を行っている端末が自然故障、破損・全損、水没した際に、無償修理または低価格にて有償交換いたします。
つながる端末保証は楽天モバイル以外で購入したスマホでも対象となります。
例えばドコモからMNPした際にドコモで利用していたスマホが故障した場合でも、契約時につながる端末保証の申し込みをしていれば保証されます。

端末保証 (端末同時購入時限定オプション) 月額500円

こちらは楽天モバイルで契約する際に端末を同時購入した方が申し込めるオプションです。
スマホ・タブレットが、水没・破損・全損・故障した場合には、4,000円~7,000円で交換できるサービスです。

初期費用や契約解除料などの費用

事務手数料 3,394円
SIMカード再発行 3,000円
SIMカードサイズ変更 or SIMカード交換 3,000円
MNP転出 3,000円
契約解除料 スーパーホーダイプランは契約年数未満での解約で9,800円
(3年契約で2年目に解約の場合9,800円、2年契約で3年目に解約の場合0円)
組み合わせプランの音声通話SIMは1年未満の解約で9,800円
組み合わせプランのデータSIMは0円

 

料金シミュレーション

楽天会員になって3年契約のスーパーホーダイのプランS(データ容量2GB+10分かけ放題)を契約の場合
初期費用3,394円+月額費用1,480円=4,874円

最初の月は4,874円で、2か月目~24か月目までは1,480円、25ヵ月目以降は2,980円となります。
37ヵ月目以降はいつ解約しても契約解除料はかかりません。

楽天会員になって2年契約のスーパーホーダイのプランS(データ容量2GB+10分かけ放題)を契約の場合
初期費用3,394円+月額費用1,480円=4,874円

最初の月は4,874円で、2か月目~24か月目までは1,980円、25ヵ月目以降は2,980円となります。
25ヵ月目以降はいつ解約しても契約解除料はかかりません。

楽天会員が組み合わせプランで3.1GBの音声通話SIMを契約の場合
初期費用3,394円+月額費用1,600円=4,994円

最初の月は4,994円で、2か月目以降は1,600円となります。
13ヵ月目以降はいつ解約しても契約解除料はかかりません。

楽天会員が組み合わせプランで3.1GBの音声通話SIMに10分かけ放題プランを追加契約する場合
初期費用3,394円+月額費用1,600円+かけ放題オプション850円=5,844円

最初の月は5,844円で、2か月目以降は2,450円となります。
13ヵ月目以降はいつ解約しても契約解除料はかかりません。

ちなみに、組み合わせプランに10分かけ放題プランを追加する場合、よく電話しそうな月はオプションに申し込んで、あまり電話をつかわない月は前月までにオプションを外すといった使い方ができます。

組み合わせプランとスーパーホーダイプランどっちがいいの?

楽天モバイルの2つのプランでどっちがいいかを決める際には、楽天でんわの10分かけ放題をつけるかつけないかでまず考えるといいでしょう。
スーパーホーダイプランには楽天でんわの10分かけ放題がセットになっています。

電話はあまり使わない方はかけ放題プランをつけない方が料金は安くなると思うので、組み合わせプランを選択するのがいいでしょう。

次に10分かけ放題プランをつける場合、スーパーホーダイは1年~3年契約となっています。
2年契約・3年契約の場合には月額料金の割引がありますが、契約年数未満での解約の場合には9,800円の契約解除料がかかります。

一方組み合わせプランの場合には12か月未満での解約の場合にのみ9,800円の契約解除料がかかります。

1年だけ楽天モバイルを利用するという方なら組み合わせプランがおすすめで、2年以上契約するならスーパーホーダイプランがおすすめです。
 

楽天モバイルのメリット

豊富なキャンペーン

格安スマホは月額費を安く抑えられるのがメリットですが、楽天モバイルでは格安スマホをさらに導入しやすくするためにさまざまなキャンペーンを行っています。

✅SIMとスマホのセット購入でスマホが割引価格で購入できる
✅2回線目の契約は事務手数料無料+月額費用3か月無料
✅スーパーホーダイプランなら月額費用の割引が受けられる

楽天市場でのポイントがずっと2倍

通話SIMを楽天モバイルで利用すると、契約期間中はずっと楽天市場でのお買い物で貯まるポイントが2倍になります。
楽天市場では通常100円につき1ポイント付与されますが、それとは別に1%分のポイントが楽天市場ご利用の翌々月下旬に付与されます。

楽天でんわ利用で通話料半額

楽天でんわとは通知される番号はそのままで通話料が半額になるお得な電話アプリです。

楽天モバイルを利用時、アプリを経由せずに電話した場合や大手携帯キャリアでカケホーダイプランではないプランで電話をかける場合、30秒ごとに20円かかります。
しかし楽天でんわアプリを利用すれば、30秒10円になります。

使い方は簡単で、お持ちのスマホに楽天でんわのアプリを入れ、楽天でんわアプリを開いて電話帳からかけたい相手の電話番号をタップすればいいだけです。
楽天アプリの設定で自動的に電話帳が取り込まれるので、特に難しい操作などはありません。

DMMモバイルやビッグローブなど他社格安SIMでも同様のサービスがありますね。
相手に通知される電話番号はそのままで、電話回線なのでIP電話のように途切れたり聞こえ辛かったりするというようなこともありません。

楽天モバイルの申し込み画面の途中で楽天でんわに申し込むかどうかの項目欄があります。

「楽天でんわをお申し込み」を選択すれば、楽天モバイルと同時に楽天でんわの利用も開始できます。

アプリをスマホにインストールして利用するだけで通話料が半額になるのですから、楽天モバイルを利用するなら一緒に楽天でんわも導入されると通話料を節約できますよ。

楽天スーパーポイントが貯まる・楽天モバイルの支払いに使える

楽天で買い物するとたまる楽天ポイントは、楽天モバイルの月額料金に対しても100円につき1ポイントたまります。

また楽天ポイントで端末など楽天モバイルでの商品購入時にも使えますし、月々の楽天モバイルの料金の支払いにも楽天ポイントを使用することができます。

期間限定ポイントでの支払いもできるので、楽天市場のキャンペーンで獲得した期間限定ポイントの消費にも最適です。

楽天モバイルショップ(店舗)が全国にある

楽天モバイルは全国にショップがあります。
インターネットでの申し込みが不安な方や申込前にスマホの実機を触ってみたいという方は楽天モバイルショップで試すこともできます。

また楽天モバイルショップでも新規契約やMNPも対応しているので、格安SIMに乗り換えるのに不安がある方は楽天モバイルショップで相談してからの乗り換えもできますね。

ただ、楽天モバイルではインターネット限定で端末が安くなるキャンペーンもあり、楽天モバイルショップでは対象外となることもありますのでキャンペーン時のスマホの価格はご注意ください。

楽天モバイルチャットで気軽に相談や質問ができる

楽天モバイルの公式サイトにいくと、画面の右下に上の画像のチャットサポートが表示されます。
現在楽天モバイルをご利用中の方はもちろん、申し込みを検討されている方でも気軽に相談や質問ができます。

チャットは24時間いつでも対応しています。
電話での問い合わせだとなかなかつながらなかったりしますし、メールでの問い合わせだと回答がくるのに時間を要します。
チャットなら今すぐ聞きたいことも気軽に聞けますし、スピーディな対応ですぐに問題が解決しますね。

楽天モバイルのデメリット

スマホの分割購入はクレジットカードのみ対応

楽天モバイルでSIMとスマホのセット購入をする際に、スマホを分割購入したい場合にはクレジットカード払いのみ対応しています。

楽天モバイルでは、口座振替や楽天ポイントでの支払いもできますが、分割購入時には選択不可です。

楽天モバイルでスマホの分割払いをしたいけどクレジットカードを持っていないという方なら、この機会に楽天カードを発行してはいかがでしょうか?
楽天カードは年会費無料のクレジットカードで18歳以上から作ることができます。

カード利用100円につき1楽天ポイントがたまります。
楽天モバイルの支払いを楽天カードに設定すれば、スマホの分割払いもできますし、スマホ代に対しても楽天ポイントがたまります。
たまったポイントは楽天市場で使うのもいいですし、楽天モバイルの月額費用に充当することもできますので、楽天モバイルユーザーになるなら楽天カードは持っていて損はしないですよ。

楽天カード入会と利用で5,000円相当のポイントがもらえる入会キャンペーンを実施しています。

MNPの開通手続き時に電話・ネットが使えない時間が発生する

楽天モバイルへ他社からMNPで転入する際に、自宅に楽天モバイルのSIMカードが到着してから開通の手続きをする必要があります。
開通の手続きは電話からとWEBでの2種類ありますが、WEBからですと開通するのに2日~3日不通期間(電話・ネットができない期間)が発生してしまいます。

MNPの手続き方法は楽天モバイル申込時に【MNPのご利用】という項目の中に、「自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」というチェックボックスにチェックを入れないと、Webでの手続きとなってしまいます。
Webでの手続きだと不通期間が長くなってしまいますので、必ずチェックを入れるようにしてください。

電話での開通手続きですと、開通の手続きする時間によって不通期間に差がでます。

9:00~20:39までに開通受付が完了した場合 当日中に切替が完了
20:40~翌8:59までに開通受付が完了した場合 9:00以降に切替が完了

9:00~20:39までに開通受付が完了した場合は、当日中に開通手続きが完了しますが、大体受付してから1時間前後で楽天モバイルのSIMが使えるようになります。

夜8時40分以降ですと翌日の営業開始時間以降に開通手続きを行うため、電話・ネットが使えない時間がさらに長くなります。
そのため開通手続きで不通期間を最小限におさえたい方は、9:00~20:39の時間内に開通受付の電話をするようにしてください。

楽天モバイルのSIMカードを夜に受けとった場合でもその日の夜には開通受付をしないで、翌日の朝9時以降に開通受付をすれば不通期間は最小限におさえられます。

楽天モバイル開通受付センター : 0800-805-1111 ※通話料無料

 

楽天モバイルのメリット・デメリットまとめ

楽天モバイルは楽天市場利用でずっとポイントが2倍にったり、楽天モバイル利用料の1%分のポイントが貯まったりと、楽天ユーザーにとって魅力的な特典が付いています。

ICT総研が発表した「2018年MVNO格安SIMの市場動向調査」の結果では格安SIM利用者のシェアは楽天モバイルが断トツの1位でした。

通話SIMを選択して、スマホも一緒に買われる方ならスマホの料金が大幅に割引されるキャンペーンなどもありますので、お得にSIMフリースマホを手に入れられるチャンスです。

料金の面では他社とほとんど変わらないですが、楽天ポイントを貯めている方にとっては楽天モバイルは一番お勧めできます。

通信速度もなかなか早いと評判が高いので、ストレスなく通信できると思います。

楽天でんわを利用すれば通話料も通常の半額以下になりますし、楽天でんわ10分かけ放題オプションも付けられますので、大手携帯キャリアから乗り換えの際には、楽天モバイル+楽天でんわ利用で十分な節約効果が出るでしょう。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

クチコミをご紹介

口コミがまだありません

あなたもクチコミを投稿してみませんか?

内容によっては、掲載出来ない場合がございます。ご了承くださいませ。

  • アバターを選択

楽天モバイルの詳細はこちら