LINEモバイルで公式サイトよりもデータ容量を格安で追加チャージする裏技

LINEモバイルで公式サイトよりもデータ容量を格安で追加チャージする裏技

1554view

2019.01.08

あぁ、今月いっぱいスマホで動画見たからギガが足りなくなってしまった。。。

そんな経験ありませんか?

普段は学校や仕事が忙しくてスマホをいじる時間は少ないのに、連休が続くとついついスマホでYoutubeを見たりして気づいたら1ヶ月の定額データ容量を使い切ってしまったという経験がある方は多いと思います。

高速通信可能なデータ容量をすべて使い切ってしまうと速度制限がかかり、最大200kbpsの低速通信しかできなくなります。
ただカウントフリー対象のサービスは速度制限中も高速通信が可能です。

低速通信だと動画視聴は絶望的です。
テキストがメインのサイトならまだ我慢できるレベルですが、画像が多いサイトだと読み込みに非常に時間がかかりストレスになります。

高速通信できるデータ容量をすべて使い切っても、LINEモバイルではデータ容量を追加購入することが可能です。

LINEモバイルのデータ容量追加料金

追加容量 料金
0.5GB 500円
1GB 1,000円

データ追加料金は容量が0.5GBと1GBの2種類です。
月に10回まで追加チャージすることができます。

LINEモバイルでデータ追加チャージする方法

データ追加はLINEモバイルの会員サイトから追加購入することができます。

LINEアプリのLINEモバイルより「契約者連携(マイページ)」をタップします。

 

するとLINEモバイルの会員サイトへジャンプします。
「マイページトップ」と書かれた右横にある上向きの矢印をタップすると下に項目が展開されますので、「データ容量の追加購入」をタップします。

 

データ容量を0.5GBまたは1GBから選択します。

 

選択したら右上の「完了」をタップします。

 

「購入する」をタップすればデータ追加購入できます。

 

購入したデータ容量はリアルタイムに反映されますので、すぐに追加したデータ容量を使って高速通信が可能になります。

追加したデータ容量を当月で使い切れなくても、翌月末まで繰り越して利用することができます。

データ容量を毎月購入するならプランの見直しを

毎月のデータ容量が足りなくて、月の途中でデータを追加購入することがよくあるという方ならプランの見直しをやった方が料金的にもお得です。

LINEモバイルの料金のプランとカウントフリー対象サービス

 

例えば音声通話SIMのLINEフリープラン(1GB)を利用している方がデータ容量が足りなくて、毎月1GBのデータを追加購入しているとします。
毎月かかる料金は、
LINEフリープラン1,200円+1GB追加1,000円=2,200円となります。

毎月1GB追加購入しているので、1ヶ月で使えるデータ容量は2GBとなり月額2,200円です。

コミュニケーションフリーの3GBの音声通話SIMの月額料金は1,690円です。
コミュニケーションフリープランのデータフリー対象は、LINEだけでなくTwitter、Facebook、インスタグラムもあります。

LINEフリープランで毎月データ容量を追加購入するぐらいなら、コミュニケーションフリープランの3GBプランを契約する方が毎月使えるギガ(データ容量)も1GB多いうえ、料金も510円安くなるのでお得です。

プランはLINEモバイルの会員サイトからサクッと変更可能ですので、毎月データ容量を追加購入している方は一度プランの見直しをすることをおすすめします。
LINEモバイルのプラン変更で分かった注意点とは?プラン変更の手順徹底解説

LINEモバイルユーザー同士ならデータプレゼントでギガをプレゼントできる

毎月ではないけどたまにデータ容量が足りなくて追加購入する方もいらっしゃると思います。

またプラン変更は翌月からしか適用されないので、今月いっぱいデータを使ってしまったという時にはプラン変更しても当月はこれまでのプランのままなので意味がありません。

そういう時にはデータ容量追加購入となるわけですが、データ容量追加購入は1GBあたりの単価が1,000円と非常に高いのがネックです。

「もう少し安くデータ容量を購入できる方法はないのか?」
と思った方必見です!!

LINEモバイルにはデータプレゼントという公式サービスがあります。

データプレゼントは、他のLINEモバイルユーザーに自分のデータ容量をプレゼントできる機能です。
データプレゼントサービスを利用するには契約者連携が必要ですが、LINEモバイルユーザーなら契約してSIMカードが届いた時点で皆さん契約者連携はされていると思いますので、LINEモバイルユーザーであればほぼどなたでも利用できるサービスです。

またデータ容量をプレゼントで贈ることができるのはLINEアプリに友達登録されている方となります。

ご家族やお友達がLINEモバイルユーザーなら、データをプレゼントしたり、逆にプレゼントされたりできます。

LINEモバイルはドコモ回線・ソフトバンク回線がありますが、利用している回線に関係なくデータプレゼントができます。
ソフトバンク回線からドコモ回線、またはその逆でもデータプレゼントできますし、ドコモ回線からドコモ回線、ソフトバンク回線からソフトバンク回線へのデータプレゼントもできます。

LINEモバイルユーザー同士のデータ容量のプレゼントなので、もらう方はタダです。

データ容量の追加購入ですと1GB1,000円ですから、身近にLINEモバイルユーザーがいるなら余ったデータをもらうのが一番安上がりですね。

データプレゼントの方法


LINEモバイルのデータプレゼントは、LINEアプリから行います。

LINEアプリからトークでLINEモバイルをタップすると、右下に「データプレゼント」という項目があります。

LINEアプリに友達追加している友達の中から、データ容量をプレゼントする友達を探してタップします。

プレゼントするデータ容量を選択します。
選択欄は500MB単位で最大2500MB贈ることができます。

プレゼントできるデータ容量は自分が契約しているプランの基本データ残量となります。
私はLINEフリープランを契約しているので最大でプレゼントできるデータ容量は1,024MBと表示されています。

500MB単位でのプレゼントですので、私のプランでプレゼントできるデータ容量は500MBか1,000MBとなります。

最後に「データプレゼントする」をタップすれば、お友だちにLINEモバイルで利用できるデータ容量をプレゼントすることができます。

プレゼントされたお友だちは、データがプレゼントされるとLINEモバイル公式アカウントからLINEアプリに通知が来ます。
プレゼントされたデータ容量は自動的にデータが追加されますので、特に何もすることはないです。

プレゼントされたデータ容量はLINEモバイルの会員サイトのマイページより確認することができます。

データプレゼントを利用してデータ容量を半額以下で追加購入する裏技

ここまででデータプレゼントの内容はよく理解できたと思います。
「近くにLINEモバイルを使っている人がいないからデータプレゼントしてくれる人がいない!!」という方にお得にデータを追加購入するとってもおきの裏技をご紹介します。

それは、ヤフオク等のオークションサイトでLINEモバイルのデータを購入する方法です。

ヤフオクではLINEモバイルのデータを販売している出品者が多数います。
これは先ほどご紹介したデータプレゼントのサービスを利用していて、LINEモバイルで自分の余ったデータ容量を販売しているのです。

データプレゼントはLINEモバイルユーザーであればどなたにもで贈ることができるので、見ず知らずのLINEモバイルユーザーにも贈ることが可能です。
データ容量の出品ですから、送料もかかりません。

ヤフオクでは大体500MB(約0.5GB)が180円~200円、1,000MB(約1GB)は350円~380円で取引されています。

LINEモバイル公式でデータ容量を追加購入する場合、0.5GBが500円、1GBが1,000円なので、ヤフオクなら半額以下でデータ容量を購入できることになりますね。

ヤフオクでLINEモバイルのデータ容量を購入する手順

オークションでの取引がない方のために、ヤフオクでの一般的な取引の手順をご紹介します。

  • STEP.1
    データプレゼントを出品の中から検索する
    ヤフオク!のサイトにある検索欄に「LINEモバイル データプレゼント」と入力してデータ容量を出品物を検索します。
  • STEP.2
    必要なデータ容量分を落札する
    500MB単位で販売している人や1,000MB単位での販売か異なります。1GBのデータ容量が欲しい方なら1,000MB出品している人から数量1で落札します。
    500MB単位で販売している方なら数量を2にすれば合計1,000MBとなりますので、個数に気を付けて落札してください。
    落札すると出品者に落札されたことの通知が届きます。
  • STEP.3
    購入手続き
    送料無料で出品されている方がほとんどですので(LINEでのデータ容量のやり取りなので)、落札金額=支払う金額となります。
    落札後、出品者からの連絡を待たずにそのまま決済にすすみます。
    (出品画面に出品者からの連絡が来てからの支払いなどと記載があればその通りに従います。)
    Yahoo!かんたん決済ならクレジットカードでの支払いもできますし、決済手数料無料ですのでおすすめです。
    またTポイントでの支払いもできますので、余ったTポイントがある方はYahoo!かんたん決済を利用しましょう。
    出品者によっては銀行振込に対応している場合もありますので、落札前に対応している支払い方法を出品画面で確認しておきましょう。

  • STEP.4
    取引ナビでLINE ID通知
    データプレゼントは、落札者と出品者がお互いLINEアプリで友達登録していないといけません。
    そのため、ヤフオクの取引ナビにあなたのLINE IDを入力して出品者に通知します。その後出品者はあなたのLINE IDであなたを友だち登録するはずですから、出品者を友だちに追加しましょう。これでデータプレゼントのやり取りが可能となります。
  • STEP.5
    データ受け取り
    出品者をLINEアプリで友達追加したら、後は出品者からデータプレゼントを受け取るのを待つだけです。
    受け取るといっても出品者がデータプレゼントの手続きをすればデータ容量が自動的に追加される仕組みですので何もすることはありません。
    無事にデータ容量が追加されたら、出品者を評価して取引終了です。

出品者によって、落札後に出品者からの連絡を待たずに支払いとLINE IDの通知をお願いする人もいますし、出品者から先に連絡するまで待っててという場合もあります。
データの受け渡しも出品者の口座に入金されてから、出品者が手続きする場合とYahoo!かんたん決済で支払い通知が来た時点で(その時はまだ出品者に振込はされていない)、データ受け渡しの手続きをする方もいます。

これは出品者によって異なりますので、必ず出品画面で取引の方法を確認したうえで安心できる出品者から落札するようにしましょう。

データプレゼントのメリット・デメリット

メリット

  • 友達や家族の余ったデータ容量を気軽にプレゼントすることができる。
  • ヤフオクなら公式サイトよりも安くデータ容量を購入することができる 
  • 贈られたデータ容量はすぐに自分の残高に反映される

デメリット

  • データプレゼントのデータ容量は翌月に繰り越せない 
  • ヤフオクの出品者からの受け取りは何となく不安 
  • 出品者が落札後に手続きをいつするかわからないので、公式サイトのデータ容量追加購入のようにすぐに反映されない 

ヤフオクでのデータプレゼントの取引きは初めての方は不安もあると思いますが、ヤフオクでは出品者の過去の取引評価を確認することができます。
過去にも出品者がLINEモバイルのデータプレゼントを出品していれば、落札者からその時の評価がつけられているはずですから、それを確認して「良い出品者」と評価が多く付けられている出品者を選んで落札すれば、スムースに取引することができるでしょう。

「データ容量を使いすぎて今月どうしてもあと少し、データ容量が欲しい、でも追加購入は高いからなぁ。。。」
と思っている方にはヤフオクでのデータ容量追加購入がおすすめです。

一時的にデータが足りないけど、プランを変更するほどでもないという場合にもデータプレゼントが有効ですので、LINEモバイルユーザーはデータプレゼントのサービスを活用するといいでしょう。

他社格安SIM会社では家族でデータ容量をシャアできるプランもありますが、その場合一人だけデータ容量を使いすぎてしまうというデメリットが発生することもあります。

LINEモバイルには家族でデータ容量をシェアできるプランはないですが、余ったデータ容量をプレゼントする形で分け合えるので、毎月利用できるデータ容量はそれぞれ確保でき、余った分をGIVE&TAKEで分け合うという使い方ができるのがメリットです。

データプレゼントを有効活用して、他社から家族でLINEモバイルに乗り換えるのもおすすめですよ。
LINEモバイルのキャンペーン【2019年5月最新情報】完全攻略

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめ格安simを探す