全携帯会社対応10分かけ放題サービス【G-Call】が最強な件

全携帯会社対応10分かけ放題サービス【G-Call】が最強な件

124view

2019.06.27

G-Callってご存じですか?

G-Callは、登録するだけで通話料が30秒につき10円で利用できる電話・通信サービスです。

同じようなサービスで楽天でんわもありますが、G-Callでは他社で提供していない10分かけ放題サービスのオプションもあります。

G-Callが凄いところは、ドコモやau、ソフトバンクといった大手の携帯電話会社や格安SIM会社と契約していても利用可能ということです。

例えば、ドコモやau、ソフトバンクの5分かけ放題は月額1,700円です。
G-Callなら月額800円で10分のかけ放題なので、キャリアよりも5分長く利用できるうえ、900円も安いのが特長です。

そんなお得なG-Callのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

G-Callのサービス内容・メリット

キャリア関係なく通話料が半額で利用できる

G-Callは登録自体は無料です。

G-Call経由で電話を発信すると通話料が30秒につき10円で利用できるサービスです。
しかも非課税です。(消費税がかからない)

例えば、ドコモなど大手キャリアの通話料は、従量制の場合30秒につき20円(税抜)です。
でもG-Callを利用して発信すれば、30秒につき10円(非課税)とドコモの半額なので断然G-Callがお得です。

G-Callを利用するには最初に登録する必要がありますが、その後はG-Call専用の通話アプリから発信するだけで電話番号そのままに通話料だけ半額になる最強のサービスです。

格安SIMでも同様のサービスを提供しているところは多数あります。
例えばBiglobeモバイルだと「Biglobeでんわ」、LINEモバイルだと「いつでもでんわ」などがそれにあたります。

これらのサービスは格安SIMの音声通話を契約していないと利用できないサービスなので、利用できるユーザーも限られます。

しかし、G-Callはキャリアフリーのため、どこの携帯電話会社と契約していても利用可能というのが他社サービスとは大きく異なる点です。

 

10分かけ放題は月額800円

よく発信するという方におすすめなのが10分かけ放題サービスです。

ドコモ、ソフトバンク、auといった大手キャリアでもかけ放題サービスは提供されていますが、完全かけ放題サービスは月額2,700円、5分かけ放題サービスは月額1,700円と高めの値段設定となっています。

G-Callの10分かけ放題サービスは月額800円と大手キャリアの5分かけ放題サービスよりも900円も安く利用できます。

 

また格安SIM会社が提供している10分かけ放題サービスは830円~880円の価格設定ですが、G-Callなら格安SIMの10分かけ放題サービスよりも安く利用できます。

10分かけ放題サービスは10分を超えると30秒につき10円の通話料がかかります。
大手キャリアの5分かけ放題サービスの場合、超過分は30秒につき20円かかりますので、G-Callの方が圧倒的に安いですね。

 

家族の電話番号を1つのアカウントにまとめて登録できる

G-Callでは複数の電話番号を1つのアカウントにまとめて登録することができます。

家族の1人が代表でG-Callに登録すれば、他の家族の電話番号はその代表のアカウントに追加登録するだけでG-Callサービスが利用できるようになります。

追加できる回線数に制限もないので、複数回線ある方でも簡単に追加可能です。

またアカウントが1つだけなので家族が利用した通話料もまとめて請求がくるので便利です。

家族それぞれで10分かけ放題サービスを利用する場合には個別に申込みが必要となります。

 

G-Callのデメリット

キャリア・格安SIMとは別契約になる

G-Callはキャリアや格安SIMとは別のサービスです。
そのため通話料はG-Callからの請求となり、キャリアや格安SIMとは別の請求になります。

請求は別でも支払うクレジットカードは同じであれば、クレジットカードに登録している口座から引き落とされますので、特にデメリットと言うほどでもありませんね。

通話料の請求は別でも、通話料が半額になるのであればメリットの方が大きいです。

専用アプリからの発信が必要

G-Callのサービスを利用するには、G-Call専用のアプリからの発信が必要です。
スマホに元々入っている標準の電話アプリから発信すると、契約しているキャリアまたは格安SIM会社への請求となり、通話料が30秒につき20円発生します。

ただし、標準の電話アプリを利用する際に電話番号の前に【0063】の番号を入力することでG-Call経由での発信にできます。
でも毎回0063を付けて発信するのは面倒ですので、最初からG-Call専用アプリを利用するのがおすすめです。

 

大手キャリアのかけ放題とどっちがお得か検証

大手キャリアのかけ放題サービスを利用するのと、格安SIM会社+G-Callの10分かけ放題サービス利用とではどちらがお得かをシミュレーションしてみました。

格安SIMの料金プランはどこもほぼ同じ料金設定ですので、こちらではBiglobeモバイルを使ってシミュレーションしてみました。

ドコモ 新料金プランギガライト ~3GBプランと5分かけ放題オプション

ギガライト ~3GB 3,980円
5分かけ放題 700円
合計 4,680円

 

BIGLOBEモバイル 3GBプラン+G-Call10分かけ放題サービス 

音声通話SIM 3GBプラン 1,600円
G-Call10分かけ放題 800円
合計 2,400円

 

ドコモと【Biglobeモバイル+G-Call】でほぼ同じプランの設定で料金を比較したところ、【Biglobeモバイル+G-Call】はドコモの約半額で利用できる結果となりました。

しかもドコモのかけ放題は5分ですが、G-Callは10分なのでかけ放題サービスの内容はG-Callが上です。
それでもドコモのプランよりも安くなるので、わざわざ大手キャリアを使う意味はありませんね。

ちなみに電話番号をドコモに残しておきたいという方でもかけ放題だけG-Callを利用することも可能です。
ドコモの通話料従量制のプランは30秒につき20円ですが、G-Callなら30秒につき10円ですのでG-Callがお得です。

 

G-Callはこんな人におすすめ

  • キャリアのかけ放題サービスは高いと思う方 
  • 完全かけ放題サービスは必要ない 
  • キャリアで電話番号を残して格安SIMも使いたい方

格安SIMに乗り換えたいけど、電話番号はキャリアでそのまま使いたいという方も中にはいらっしゃるでしょう。

最近はSIMカードを2枚さすことができるスマホもたくさんありますので、1枚はキャリアのSIMカード、もう1枚は格安SIMのデータ専用SIMカードと2枚さして通信料を節約している方もいらっしゃいます。

そういう時にも通話はキャリアの電話番号でG-Callを使って発信すれば、通話料の節約もできさらにお得です。

通信料を節約したいという方は、キャリアや格安SIMなど契約している会社に関係なく利用できるG-Callを活用してみてはいかがですか?

 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめ格安simを探す