mineoはおすすめできる?格安SIM会社を検証

mineoはおすすめできる?格安SIM会社を検証

100view

2018.06.18

mineoってどんな会社?

関西電力グループの運営する会社

かつてはdocomo・au・ソフトバンクの大手キャリアが携帯電話市場を席捲していましたが、2018年になると格安SIMの会社がどんどん勢力を伸ばしてきて契約者数も増えてきています。
格安SIMの会社は20以上ありますが、その中で今回紹介するのがmineo(マイネオ)という会社です。

mineoは関西電力グループが運営する会社なのですが、通信も安定していて料金も安いので人気の格安SIM会社の1つとなっています。
ここではmineoを利用するメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

docomoとauどちらの回線にも対応している

格安SIMの会社はdocomoかauどちらかの回線を利用している会社が多いのですが、mineoはどちらの回線も利用できるため多くの人を受け入れることができます。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える場合はdocomoの回線を利用している会社に乗り換えるので、大手キャリアから格安SIMに乗り換えるという人であれば誰でもmineoを利用することができます。

大手キャリアから乗り換える場合はMNPで乗り換える事もできますが、所持している機種によってはSIMロックの解除をしなければならない点は注意が必要です。
またmineoでは端末を購入しての新規契約も可能ですので、どの方法で契約するのかは考えてから申し込みをするようにしましょう。

2018年9月にはソフトバンクの回線を使ったプランもサービス開始することが決まり、格安SIM会社では初めて3大キャリアに対応します。

現在ソフトバンクを使っている方でお持ちのスマホをそのまま使って乗り換えたいという方はmineoを検討するといいでしょう。

料金は安めに設定されている

mineoの料金設定は他の会社に比べて安く設定されています。
プランはデータ通信のみのプランと、音声通話もできるプランがありデータ容量に応じて料金プランが設定されています。
また音声通話を頻繁に利用するという人は、月額850円で10分以内の通話であればかけ放題というオプションをつけることもできます。

mineoはデータ容量が500MBというかなり少ないプランも契約することができ、データ通信のみであれば月額700円というかなり安い料金で契約することも可能です。
仕事で音声通話を利用する人にとってはあまり魅力的ではないかもしれませんが、通話をしてもLINEやSkypeといったデータ通信で行う人はデータ通信のみで問題ないのではないでしょうか。

また自宅や職場でWi-Fiをつかえるのであれば、データ容量もあまり大きなものでなくても問題ないという人も多いです。
通話とデータ通信をあまり使わないという人にとっては、mineoはかなり魅力的な格安SIM会社ではないでしょうか。

mineoを利用するメリット

解約手数料がかからない

それではmineoを契約するメリットを紹介していきます。

mineoを契約するメリットとしては、MNP転出の場合をのぞくと解約手数料がかからないという点です。
格安SIM会社の多くは音声通話のプランにすると、6ヶ月~12ヵ月の間解約ができずその間に解約してしまうと解約手数料がかかってしまうケースが多いです。

ただしmineoの場合は音声通話プランだとしても解約手数料がかかりません。
そのためお試しで格安SIMを利用してみたいという人にとっては、とても嬉しい設定となっています。

パケットシェアの仕組みが豊富

mineoを利用する2つ目のメリットとしてはパケットシェアの仕組みが豊富であるという点です。

家族間で余ったパケットを共有できるというキャリアは多いのですが、mineoではそれ以外に親戚や友達にパケットを送ることができるパケットギフト、mineoユーザー同士でパケットをシェアすることができるフリータンクというシステムがあります。

中でもフリータンクはmineoユーザー用のコミニティーサイト「マイネ王」で、役に立つ回答をしたユーザーに対してパケットを送ることができるという他のキャリアにはないシステムです。
mineoはパケットシェアの仕組みが豊富なので、色々なユーザーとやり取りができるという点で大きなメリットとなります。

通信速度は安定している

また格安SIMを契約するうえで、確認しておかなければならないのが通信速度です。
通信速度は会社によって異なるのですが、mineoは通信速度が安定している方です。

ただしUQ mobileに比べるとどうしても通信速度は遅くなってしまいます。

そのため通信速度の速い会社を求めているという人はmineoを選択肢に入れなくてもいいかもしれません。

通信速度は安定しているため、その点でデメリットにならないということは頭に入れておきましょう。

mineoを利用するデメリット

UQ mobileに比べると通信速度が遅い

ここまでmineoのメリットについて紹介してきましたが、ここではデメリットについて紹介していきます。
メリットの箇所にも書きましたが、mineoの通信速度は安定していますがUQ mobileと比べるとどうしても遅くなっていきます。

一例ではありますがmineoが1Mbpsくらいしかでない環境だとしても、UQ mobileなら30Mbpsほどの速度が出るということはよくあります。
W-Fi環境で常に利用するという人にとってはあまり関係ないかもしれませんが、屋外でよく利用するという人にとっては少し操作にストレスを感じるかもしれないですね。

MNP転出料金は高めに設定されている

またmineoはMNP転出の場合をのぞいて、解約手数料がかからないというメリットは先ほど紹介しました。
これは大きなメリットなのですが、一方でMNPでmineoから転出した場合は手数料が他の会社よりも高く設定されています。

mineoの場合MNP転出手数料が1万1500円なのですが、他の会社は1万円以下でできる会社がほとんどです。
そのためMNPで他の会社に転出しようと考えているという人にとっては、mineoは向かないかもしれないですね。

mineoに乗り換えるための方法

実店舗かインターネットで乗り換えを申し込む

ここまでmineoのメリットとデメリットについて紹介してきました。
mineoは料金が安く設定されており、解約手数料がかからなかったり、パケットシェアの仕組みが豊富だったりという仕組みがありとてもメリットの多い格安SIM会社です。
特にWi-Fiを日常的に利用しているという人であれば、mineoを格安SIMの会社として選ぶのはかなり向いています。

こういった点を踏まえた上でmineoに申し込みをしようと思った人は、実店舗かもしくはインターネットで申し込みが可能です。
mineoの実店舗は都市部にしか店舗がありませんが、大手家電量販店でも申し込みをすることができます。

家電量販店で申し込みをする時は、色々な格安SIM会社を比較しながら申し込みをすることができますのでどの会社で申し込みをするのか決めていない人にはmineoがおすすめです。

キャンペーンも時折あるので要チェック

mineoに申し込みをする際に、実店舗で申し込みをすることもできますがインターネットから申し込みをすることもできます。
実店舗で申し込みをする際は担当の人と相談しながら申し込むことができるのですが、インターネットからの申し込みの場合キャンペーン特典がある場合があります。

キャンペーン内容としてはキャッシュバック、初期費用の割引、月々の費用の割引、データ容量の増加などの特典があります。
キャンペーンはインターネットからの申し込みのみでしか適用されない場合が多いので、申し込みをする前にチェックしておくことをおすすめします。

ここまでmineoのメリットとデメリットそして申込方法について紹介してきました。基本料金が安いうえに、解約手数料がかからない、パケットシェアの仕組みが豊富などのメリットがあります。
みなさんも格安SIMへの乗り換えを検討しているから、mineoを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめ格安simを探す