BIGLOBEモバイルの速度は遅い?タイプAの通信速度を画像で紹介

BIGLOBEモバイルの速度は遅い?タイプAの通信速度を画像で紹介

1470view

2019.07.08

BIGLOBEモバイルはドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAを提供している格安SIMです。

当初はタイプDのみでしたが、2016年にBIGLOBEモバイルがKDDIの傘下になったことで、タイプA(au回線)のサービスが開始されました。

BIGLOBEモバイルの利用を検討されている方はBIGLOBEモバイルの通信速度は遅いのか気になると思います。

私は現在BIGLOBEモバイルを利用していますが、当初はドコモ回線のタイプDを利用していました。
しかしタイプAへの切り替えが無料でできるキャンペーンをやっていたこともあり、2019年6月からタイプAを利用しています。
BIGLOBEモバイルau回線に切替え【キャンペーンで3,000Gポイント+初期費用無料】

タイプD、タイプAの両方を使ったことがある管理人が、BIGLOBEモバイルの通信速度を画像付きでご紹介していきます。

タイプAの通信速度レビュー

通信速度をレビューするにあたって、スピードの結果だけを書いてもそれが本当かどうかは伝わりません。
そこでスピードテストの結果を画像付きでご紹介することにしました。

スピードテストに利用したのはGoogleの【インターネット速度テスト】です。

それでは時間別にBIGLOBEモバイルのタイプAのスピードテストの結果をレビューします。

平日 午前7:35

平日の朝7:35に測定した結果です。
下り 34.2Mbps   上り 7.12Mbps

通勤・通学ラッシュの時間帯ですが、下りで34.2Mbpsも出ていて非常に速い速度で通信できています。

 

 

平日 午前9:57

平日の午前9:57に測定した結果です。
下り 50.8Mbps   上り 1.01Mbps

通勤・通学ラッシュの時間帯よりも速い結果となりました。
上りが1.01Mbpsと遅いですが、画像や動画などアップロードしない限り上りは使わないので気にはなりません。

 

平日 昼12:07

平日の昼12:07に測定した結果です。
下り 18.0Mbps   上り 1.98Mbps

一日の中で最も通信速度が遅くなる時間帯が12:00~13:00です。
それでもBIGLOBEモバイルのタイプAは下りで18.0Mbps出ているので遅いという感じはありません。

他社格安SIMではお昼時に1Mbps出ていないところもあるので、この結果は格安SIMの中ではトップクラスだと思います。

 

平日 昼13:02

平日の昼13:02に測定した結果です。
下り 40.6Mbps   上り 11.0Mbps

お昼回線速度が遅くなる時間から数分経過した時間帯ですが、非常に速い速度が出ています。
動画を見ても全く途切れることなくスムーズに見られます。

 

 

平日 昼14:43

平日の昼14:43に測定した結果です。
下り 80.7Mbps   上り 8.12Mbps

スピードテストをして一番結果が良かったのがこの時でした。
出先でのテストでスクリーンショットで保存したものですが、同じ機種を使用しています。
これだけスピードが出ていればキャリアから乗り換えても問題ないレベルですね。
逆にキャリアより出ているかもしれません。

 

 

平日 昼16:16

平日の昼16:16に測定した結果です。
下り 45.2Mbps   上り 2.97Mbps

日中は昼の混雑時間以外だと非常に速度が出ています。
私は外出時によくカーナビとスマホを接続して動画をAmazon Primeビデオを見ていますが、途切れることなく見られます。

 

平日 夕方18:00

平日の夕方18:00に測定した結果です。
下り 6.97Mbps   上り 10.7Mbps

帰宅ラッシュの時間帯ですが、下りは6.97Mbpsとまぁまぁの速度が出ています。
これだけ出ていればSNSやメールのやり取りで困ることは全くありません。
動画もかくつくことなく行けるぐらいの速度です。

 

 

平日 夜20:07

平日の夜20:07に測定した結果です。
下り 26.2Mbps   上り 2.28Mbps

左側がBIGLOBEモバイルのタイプAの速度結果です。
夜、仕事や学校から帰ってきてスマホをチェックする方が多い時間帯ですが、まずまず速度が出ています。

LINEモバイルのソフトバンク回線よりも約10倍のスピードが出ていて、BIGLOBEモバイルの圧勝です。

 

BIGLOBEモバイルタイプAまとめ

au回線を利用したタイプAは格安SIM全体で見ても速度の面ではトップクラスではないでしょうか?

利用者の多い時間帯であるお昼時間や帰宅時間帯は少し速度が落ちますが、それでも下りで1Mbps以上は確実に出ているので、スピードの面で不満が出るということはあまりなさそうです。

 

タイプDの通信速度レビュー

BIGLOBEモバイルは元々タイプDで契約していました。

2019年4月契約時のタイプDのスピードテストもしていましたので、その結果もおまけとして載せておきます。

平日 夕方16:56

平日の夕方16:59に測定した結果です。
下り 21.6Mbps   上り 3.28Mbps

ドコモ回線のタイプDも格安SIMの中では速度は出ている印象ですね。

 

平日 夜19:08

平日の夜19:08に測定した結果です。
下り 21.0Mbps   上り 4.79Mbps

左側のMARVEL柄のスマホがタイプDです。(右側はLINEモバイルのソフトバンク回線)

一日の中で回線が混雑する帰宅ラッシュの時間帯である19時台でも下り20Mbps以上出ています。
ライバル社のLINEモバイルソフトバンク回線も速度は速い方ですが、混雑時は速度が落ちてBIGLOBEモバイルのタイプDには勝てません。

 

まとめ

BIGLOBEモバイルのタイプAとタイプDの回線速度は格安SIMの中ではトップクラスの速さだと言えます。

一日の中で回線速度が落ちるのは、朝の通勤・通学時間(8時~9時)、昼休み時間(12時~13時)、夕方の帰宅時間(18時~19時)です。

この時間帯でもBIGLOBEモバイルでは1Mbpsを下回ることがありませんでした。

最も通信速度が遅くても夕方の時間帯で6.97Mbpsでしたので、これだけ出ていればメールやネットサーフィンはもちろん、動画も問題ないレベルで見られます。

格安SIMに乗り換えるにあたって最も気になるのが回線速度ですが、BIGLOBEモバイルならその心配はいりませんね。

BIGLOBE複数サービス利用がお得

私の家ではNTTの光回線に加入していますが、そのプロバイダーがBIGLOBEです。

そのおかげで、BIGLOBEモバイルのベーシックコース月額基本料(200円)がかかりません。
またNTT光のプロバイダー契約とBIGLOBEモバイルの契約で「光☆SIMセット割」が適用されて毎月100円の割引が受けられています。

さらにお友達紹介特典で1人紹介につき、1か月分のBIGLOBEモバイルの月額利用料金も無料になるため、最もギガの多い30GBプランにして特典を最大限に生かしています。

こちらは2019年6月のBIGLOBE請求分です。

 

プロバイダー料が1,200円ですが、ファミリーおとく割で200円割引と「光☆SIMセット割」で100円割引、またBIGLOBEモバイルの利用料はお友達紹介特典で満額割引で合計974円でした。

お友達紹介特典については下記のBIGLOBEモバイルキャンペーンで詳しくご紹介しています。
BIGLOBEモバイルクーポンコードで1,500Gポイント+初期費用無料+オプション6か月無料で最大10,466円お得なキャンペーン

光回線をご利用されている方でBIGLOBEモバイルをご利用している方はBIGLOBEにまとめることでさらに通信料を下げることができますので、非常におすすめですよ。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめ格安simを探す