MNP予約番号の発行方法【各キャリア別】手数料や注意事項など徹底解説

MNP予約番号の発行方法【各キャリア別】手数料や注意事項など徹底解説

326view

2019.05.17

現在ドコモやau、ソフトバンクなどの携帯電話会社と契約している方で、格安SIMに電話番号そのままで乗り換えるにはMNP予約番号の取得が必要です。

MNPとはナンバーポータビリティの略でお使いの携帯電話番号を他社でもそのまま使うために必要な手続きのことです。

MNPするためには現在お使いの携帯電話会社からMNP予約番号を発行してもらい、新しい携帯電話会社(格安SIM含む)に申し込むときにMNP予約番号を入力することで、電話番号を変えずにそのまま利用することができます。

MNPで他社へ乗り換えする際に注意しなければいけない点がいくつかりますので、失敗せずに他社へ乗り換えするために事前にMNPのことを理解しておきましょう。

MNP取得から格安SIMに乗換までの流れ

  • STEP.1
    MNP予約番号取得
    現在お使いの携帯電話会社からMNP番号を発行してもらいます。
  • STEP.2
    格安SIM会社で申し込み
    乗換え先の格安SIM会社で申し込み時にMNP番号を入力する
  • STEP.3
    格安SIM開通で自動解約
    格安SIM会社での開通手続きが済むと、元の携帯電話会社は自動的に解約となります。

MNPする前の注意点

MNPで他社へ乗り換えるために気を付けなければいけない点が4点あります。
MNPの特徴を知らずに手続きすると失敗してしまう場合もありますので、MNPする前に下記4点について頭に入れておきましょう。

MNP予約番号の有効期限

MNPの予約番号の有効期限は15日です。
15日間で他社での開通手続きが終了しないといけません。

もし期限をすぎても開通しない場合にはMNP予約番号の再取得が必要になります。

また格安SIM会社によって申込時に有効期限が〇日残っていないと申し込めないという条件がありますので、MNP番号を取得した当日に格安SIM会社に申し込むのがベストです。

ちなみにMNP予約番号は取得したけど他社へ申し込みしなかった場合にはMNP予約番号は有効期限日以降失効となり、キャリアでの契約がそのまま継続されます。

 

ポイント消費

ドコモやau、ソフトバンクでは毎月の月額利用料金の1%分のポイントが貯まるサービスがあります。

ドコモならDポイント、auならWalletポイント、ソフトバンクならTポイントです。
解約後も利用可能なポイントですが、一定期間利用しないとポイントが失効していまいます。

そのためなるだけ解約前にポイントを消費するようにしましょう。

 

キャリアのメールアドレスが使えなくなる

他社へMNPすることで現在キャリアで利用しているメールアドレスは使えなくなります。

キャリアのメールアドレス
キャリアのメールアドレスというのは下記のものです。
〇☆△◇@docomo.ne.jp
〇☆△◇@ezweb.ne.jp
〇☆△◇@softbank.ne.jp

MNPすると利用できなくなるので、そこに届いたメールもチェックできなくなります。

そのためApple IDなどにキャリアのメールアドレスを設定している場合には、MNP前に他のメールアドレスに変更するようにしましょう。

無料メールでおすすめはGメールです。
Gメールアドレス(無料)を作成する方法【iPhone・Androidスマホ別に画像で解説】

 

名義の一致

MNPで他社に乗り換える際には、転出元(乗換前)と転出先(乗換先)の名義が同一でなければなりません。

例えば、転出元では夫の名義で、転出先では妻の名義で申し込んだ場合、名義不一致でMNPできません。
この場合、転出元で名義を妻に変更してから、妻名義で転出先に申し込む必要があります。

乗換のタイミングで名義を変更したい場合には、MNP番号発行をショップで行う際に名義変更もお願いしておきましょう。

 

ドコモでMNP予約番号を取得する方法

ドコモでMNP予約番号を取得する方法は3つあります。

  • My docomo 
  • 電話
  • ドコモショップ

以前はiモードからもMNP予約番号を取得することができたのですが、現在はiモードでは取得できません。

 

My docomoからMNP予約番号を取得する方法

ドコモではスマホやパソコンからMy docomoにアクセスしてMNP予約番号を取得することができます。

オンラインでの受付時間は、午前9時~午後9時30分です。

まず、My docomoのサイトにアクセスしてログインします。
My docomoはこちら

 

【契約内容・手続き】をタップします。

 

ずっと下の方にスクロールすると【携帯電話番号ポータビリティ予約】の項目がありますので、【携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)】をタップします。

 

【お手続きする】をタップします。

 

 

MNP予約番号の取得はスマホからも可能なんですが、PC表示のサイトでのみ手続きが可能となっています。
そのためPCサイトのMy docomoへアクセスします。

下記赤枠で囲んだ【My docomo】をタップしてPCサイトのMy docomoへ行きます。

 

 

PCサイトの表示に切り替わっています。
【解約お手続き】をタップします。

 

チェックボックスにチェックを入れて、【次へ】をタップします。

 

 

チェックボックスにチェックを入れて、【次へ】をタップします。

 

 

チェックボックスにチェックを入れて、【次へ】をタップします。

 

【次へ】をタップします。

 

【手続きを完了する】をタップします。

 

 

これにて手続きは完了です。
MNP予約番号と有効期限が表示されますので、必ずメモをとるかスクリーンショットで画像を保存しておきましょう。

 

電話でMNP予約番号を取得する方法

ドコモのインフォメーションセンターに電話することでMNP予約番号を取得することができます。

受付時間は午前9時~午後8時です。
年中無休です。

ドコモの携帯電話・スマホからかける場合
局番なしの【151】(通話料無料)

一般電話からかける場合
0120-800-000
※IP電話からは接続できません。

注意
電話では本人確認のため、ご契約者電話番号とネットワーク暗証番号の入力が必須となります。
ネットワーク暗証番号は契約時に指定した4桁の数字です。
電話でのMNP予約番号取得手順

  1. インフォメーションセンターに電話する
  2. 接続後、音声ガイダンスが流れたら【2】⇒【4】の順で番号をプッシュする
  3. オペレーターにつながったらMNP予約番号を取得したい旨伝える
  4. 解約の理由やMNPの注意点について簡単な説明があり、その後MNP予約番号を口頭で伝えられる

電話でのMNP予約番号の取得にはネットワーク暗証番号が必要ですが、オペレーターに繋がればMNPしたいというだけで後はオペレーターが手続きをしてくれるので簡単です。

オンラインでのMNP取得よりも受付時間が短いのがネックですが、自分で手続きするのが面倒な方は電話でMNP予約番号を取得するのがいいでしょう。

 

ドコモショップでMNP予約番号を取得する方法

ドコモショップでのMNP予約番号を取得するには、ドコモショップへの来店が必要です。

ドコモショップなら対面応対なので、わからないことがあればその場で質問することができます。

ドコモショップに限らずキャリアのショップはいつでも混んでいるイメージがあります。
最近は予約も可能なので、MNP予約番号を取得するなら前日までに来店の予約を入れることをおすすめします。

ドコモショップ予約についてはこちらをご覧ください。

わざわざ来店しなくてもオンラインや電話でもMNP予約番号が取得できますが、ファミリー割引や一括請求の代表回線の方はオンラインではMNP予約番号が取得できません。

代表回線が解約すると子回線の中から新たに代表回線を決めなければいけないので、その手続きのために電話かドコモショップでの対応となります。

また、ドコモの名義と乗換先の名義が異なる場合には名義変更も必要なため、ドコモショップでの手続きが必要になりますから、その時にMNP予約番号を発行してもらうといいでしょう。

 

auでMNP予約番号を取得する方法

auでMNP予約番号を取得する方法は3つあります。

  • My au(WEB)
  • 電話
  • auショップ
  • EZweb

auスマホユーザーはオンラインでMNP予約番号を取得できませんが、3GケータイのみEZwebからMNP予約番号が取得できます。
3Gケータイ以外の方は電話またはauショップでの対応となっています。

My auでMNP予約番号を取得する方法

auの会員サイト【My au】でMNP予約番号を取得できるようになりました。

  1. My auにログイン
  2. 画面上部「スマートフォン・携帯電話」をタップ
  3. ご契約内容 / 手続きをタップ
  4. MNPご予約をタップ

My auでのMNP番号が取得できる時間は9:00~20:00です。
電話やauショップでのMNP番号発行ですと、引き留められたり、注意事項などの説明があり時間を取られてしまうので、手っ取り早く済ませたいならMy auでの手続きがおすすめです。

電話でMNP予約番号を取得する方法

auの受付窓口に電話することでMNP予約番号を取得することができます。

受付時間は午前9時~午後8時です。

au携帯電話・一般電話共通
0077-75470(通話料無料)

電話でのMNP予約番号取得手順

  1. 受付窓口に電話する
  2. 接続後、音声ガイダンスが流れたら1番【予約の申し込み・お問い合わせ】をプッシュする
  3. オペレーターにつながったらMNP予約番号を取得したい旨伝える
  4. 解約の理由やMNPの注意点について簡単な説明があり、その後MNP予約番号を口頭で伝えられる

 

auショップでMNP予約番号を取得する方法

auショップでのMNP予約番号を取得するには、auショップへの来店が必要です。

auショップなら対面応対なので、わからないことがあればその場で質問することができます。

auショップに限らずキャリアのショップはいつでも混んでいるイメージがあります。
最近は予約も可能なので、MNP予約番号を取得するなら前日までに来店の予約を入れることをおすすめします。

auショップの予約にはauユーザーのみが登録できるauスターへ登録が必要です。
auスターの登録とauショップの予約についてはこちらをご覧ください

 

EZwebでMNP予約番号を取得する方法

auの3Gケータイをご利用中の方はEZwebからMNP予約番号を取得することができます。

EZwebはオンラインでの手続きなので電話や来店よりも気軽に取得することができるメリットがあります。

EZwebでのMNP予約番号受付時間は午前9時~午後9時30分です。

まず3Gケータイの【Z】のボタンを押します。

 

 

EZwebのサイトに繋がりますので、
トップメニューまたはauポータル トップ⇒ My au ⇒ 申し込む / 変更する
⇒ au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP) 
という順番で進みます。

最近はガラホという4Gケータイもありますが、ガラホではEZwebにはアクセスできませんので、ガラホユーザーはMy au、電話またはauショップでMNP予約番号を取得してください。

 

SoftBankでMNP予約番号を取得する方法

 

ソフトバンクでMNP予約番号を取得する方法は2つあります。

  • 電話
  • ソフトバンクショップ

ソフトバンクではMNP予約番号をオンラインで取得できません。

 

電話でMNP予約番号を取得する方法

ソフトバンクの受付窓口に電話することでMNP予約番号を取得することができます。

受付時間は午前9時~午後8時です。

ソフトバンク携帯電話
*5533(通話料無料)

一般電話共通
800-100-5533(通話料無料)

電話でのMNP予約番号取得手順

  1. 受付窓口に電話する
  2. 接続後、音声ガイダンスが流れたら1をプッシュする
  3. 4桁の暗証番号をプッシュ(分からない場合にはそのまま待てばオペレーターに繋がります)
  4. オペレーターにつながったらMNP予約番号を取得したい旨伝える
  5. 解約の理由やMNPの注意点について簡単な説明があり、その後MNP予約番号を口頭で伝えられる

 

ソフトバンクショップでMNP予約番号を取得する方法

ソフトバンクショップでのMNP予約番号を取得するには、ソフトバンクショップへの来店が必要です。

ソフトバンクショップなら対面応対なので、わからないことがあればその場で質問することができます。
ただし、他社へ転出するのを引き留めることもあり、ソフトバンクと同じ系列のワイモバイルへの乗換を勧められることもあるようです。

しつこくいろいろ聞かれないで済むように「格安SIMに乗り換えるので結構です」をキッパリ言いましょう。

ソフトバンクショップに限らずキャリアのショップはいつでも混んでいるイメージがあります。
最近は予約も可能なので、MNP予約番号を取得するなら前日までに来店の予約を入れることをおすすめします。

ソフトバンクショップの来店予約はこちら

 

MNPにかかる手数料はいくら?

MNP転出手数料

MNPする際にかかる手数料として、MNP転出手数料があります。

これは現在使っている電話番号を他社に持ち出すためにかかる手数料で、ドコモ、au、ソフトバンクとも3,000円です。

MNP予約番号を取得し、15日以内に他社へ転出した時点でかかる手数料です。
なので、MNP予約番号を取得しても他社へ転出しなければ手数料はかかりません。

MNP転出手数料
ドコモ、au、ソフトバンク共通で3,000円

 

契約解除料

2年契約期間中で更新月以外に他社へ転出(MNP)される場合には、契約解除料として9,500円がかかります。

契約解除料
ドコモ、au、ソフトバンク共通で9,500円

 

契約更新月は3か月間

更新月はドコモ、au、ソフトバンクともこれまで2ヶ月間の設定でしたが、2019年より3か月間に拡大されました。

申し込み月の翌月を1ヶ月目として、24ヵ月目が契約期間満了月になります。
※ドコモは月初め(1日)の契約は当月が1ヶ月目としてカウントされます。

例えば2年契約で2019年5月2日に契約された方は、2019年6月が1ヶ月目となり、2021年5月が24か月目となります。
この場合の更新月は2021年5月~7月の3か月間です。

以前は25ヵ月目と26ヵ月目が契約更新月だったのですが、1ヶ月早く更新月を迎え期間も拡大されました。

契約更新月に他社へ乗り換えする場合には、契約解除料は発生しませんので、MNP転出手数料のみがかかります。

 

まとめ

ドコモ、au、ソフトバンクごとにMNP予約番号の取得方法についてご紹介しました。

MNPで乗り換えする際には必ずMNP転出手数料として3,000円が発生します。
また契約更新月以外の乗り換えには9,500円の転出手数料がかかります。

なるだけ更新月に転出するのがおすすめですが、格安SIMに乗り換えれば1ヶ月で数千円の節約になりますので、転出手数料を支払っても早く格安SIMに乗り換えるのがおすすめです。

格安SIMでは各社で頻繁に新規契約のキャンペーンが行われております。
中には契約解除料分のキャッシュバックやポイントバックするキャンペーンもありますので、乗換先の格安SIMで行われているキャンペーンをチェックしてみてください。

LINEモバイルのキャンペーン【2019年8月最新情報】完全攻略 BIGLOBEモバイルクーポンコードで4,000円キャッシュバック+6ヶ月1,200円割引で最大12,640円お得なキャンペーン IIJmioキャンペーン【8月最新情報】損しない申込法を完全攻略

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめ格安simを探す